【11/13~11/17 海外ニュースダイジェスト】

<中国、再生可能エネルギー導入目標を見直し>

中国国立再生可能エネルギーセンター(CNREC)が詳述した“中国再生可能エネルギーアウトルック2017”は、2020年までに500GWの再生可能エネルギーを導入するという目標を達成するために、中国国家エネルギー局(NEA)へ以下の様に導入量の変更を提案した。

・目標について:第13次5カ年計画での2020年の再生可能エネルギーの導入目標は最小の想定になっている。開発はこの目標を超えるはずである。

・太陽光:110GW→200GW

・風力:210GW→350GW

・バイオマス:15GW→30GW

 

<SMAは第三四半期の決算を発表>

SMAは2017年1月~9月間の決算を発表した。

・5.9GWのパワコンを販売(2016年同時期5.7GW)

・売り上げ約5.9億ユーロ(2016年同時期約7億ユーロ)

・自己資本比率49.3%(2016年12月31日時48.3%)

 

<JinKOは単結晶Percセルのプロトタイプで23.45%の変換効率を達成>

JinKOは単結晶Percセルのプロトタイプで23.45%の変換効率を達成したと発表した。この記録は、中国科学院の太陽光・風力システムクオリティテストセンターにより認証された。これまでの記録は22.78%であった。

 

<太陽光産業は2021年までにヨーロッパで94,000の新たな雇用を生む見込み>

新たなEYレポートによれば、ヨーロッパでの太陽光関連の雇用は増加し、2021年までにフルタイムジョブに携わる人数は約175,000人となり、95億ユーロのGVAがもたらされる見込みである。