【シェフィールド大学の研修者ら、ペロブスカイトソーラーセルの有用性を発表】

シェフィールド大学で行われた新たな研究は、地球環境課題への取り組みに対してペロブスカイトソーラーセル(PSCs)は大変革をもたらす可能性があることを裏付けた。研究者らのチームはPSCsと既存の技術について、素材の試験、加工の難しさ、コストなども含めて比較を行った。

彼らはまた、PSCsのライフサイクルアセスメントも行った。これにより、PSCsの生産から廃棄まで、全体でどの程度環境に負荷を与えるかが分析、評価された。

結果としては、発電するにあたりPSCsはより環境にやさしく持続可能であり、また、試験を行ったどんな太陽光技術よりも投資回収期間が短かった。研究者の一人は、“太陽光セルのような再生可能エネルギーの技術は、未来のエネルギー安全保障について非常に大きな役割を担い得る。様々なタイプのPVテクノロジーが世界上で市場を獲得しようと競争が激化する中、環境・経済性についての議論はされてしかるべきだ。我々の研究によれば、ペロブスカイトソーラーセルは最も環境にやさしく持続可能であり、コスト効率も最も良い”と述べた。