【オーストラリア】600万ドルの太陽光リベートプログラムを発表

オーストリア農林環境水資源管理省(BMLFUW)は、オーストラリアの農地、森林への太陽光設置についての634万ドルのリベートプログラムを2017年に実施することを発表した。

5~50kWで連系することが適用要件となる。

(*リベートプログラムとは顧客が特定の数量や商品を購入した際、その購入に対して、割引分の小切手を郵便で送るプログラムのことである。)

プログラムは11月15日に終了となる予定。インセンティブは先着順に与えられる。リベート額はkW当たり275ユーロ、建材一体型太陽光発電ではkW当たり375ユーロとなる。リベートは建設コストの40%を超過しない。リベートを受けるプロジェクトは、建設前と完工後にKommunalkredit Public Consultingにより視察される。