【マリ共和国】アフリカ開発銀行から2500万ドルの譲許的融資の承認

アフリカ開発銀行(AfDB)は、マリ共和国のセグー州33MW太陽光プロジェクトに対する産業用太陽光プロジェクトに資金供給するため、2500万ドルの譲許的融資を承認した。このプロジェクトは、マリ共和国の再生可能エネルギー容量の直接的な増加につながり、毎年52.7GWh(現在の発電容量の約10%)を発電し、25年を超える耐用年限での総発電量は1,316.75GWhとなる予定。