【パキスタン】太陽光について 入札プロセスを採用

パキスタンの国家電力規制当局(NEPRA)は、過去に3つの先行関税を太陽光プロジェクトによる発電に取り決めた。最後のものは2015年12月16日に決定されたもので、2016年1月1日から6月30日までの6ヵ月間効力を持っていた。

NEPRAは先行関税体制を存続するか競争の激しい入札にするかを決めるために株主から意見を求めた。仲裁人の多数は、用地が既に割り当てられ、投資家に既に開発されているので、逆入札は実現しないという意見を持っていた。また、政策の急な変更による投資セクターへの影響に対する心配を表した。

彼らはさらに、入札が発表されなければならないなら、進行中の案件が完工した後にするべきだと強調し、また、入札体制が市場に悪影響を及ぼし、入札をやめた国々を引用した。しかしながら、局は新規太陽光案件に対する入札プロセスを承認した。