【アメリカ】産業用太陽光 2018年までに市場規模、約1.5倍拡大の見込み

2016年アメリカの産業用プロジェクトによる発電量は、1日当たり平均11,140GWhであった。発電量は2017年に0.7%減少し2018年に1.9%上昇すると予測されている。

割合で見ると、太陽光は最も成長の早い再生可能エネルギーであり、産業用プロジェクトの発電容量は2018年末までに44%上昇し31GWとなり、太陽光は全産業用発電の1.4%を占める見込み。

エネルギー関連のCO2排出量は2016年に1.9%減少しており、2017年には0.2%、2018年には1.6%減少するよう計画されている。エネルギー関連のCO2排出量は天気、経済成長、エネルギーの価格に影響される。