【日本】2016年太陽光発電容量の割合は発電量全体の4.3%

日本の再生可能エネルギー研究所は、経済産業省のデータを用い、日本のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの現況を発表した。

経済産業省のデータによると、太陽光発電の割合は2016年に4.3%となり、2.7%であった2015年から大幅に上昇した。

昨年後半の2四半期では太陽光発電の割合はそれぞれ5%、6%となっており、太陽光の拡大を印象づけた。2016年の発電量における再生可能エネルギー計の割合は14.2%であった。まだ水力がメインにはなっているが。日本はバイオマス、風力、地熱の設置に制限を設けており、これらは残りの数パーセントを構成する。

しかし、これまでに設置された太陽光の容量が多い県では、現行の政策下での容量限界に近付いている可能性がある。

北海道、九州、沖縄、四国では30日ルールの適用となる上限は近付いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です