パワコン選択の落とし穴

高圧発電所では小型パワコン分散型の構成が主流となりつつあり、

それに向けて各社新製品も続々と発売されています。

しかし、パワコン選びによって、システム全体のコストに影響を与えてしまう可能性があります。

コストを削減し、最大限に性能の良いパワコンを選ぶには何を基準に選べば良いのでしょうか?

パワコンを選定される場合、多くの方が価格、性能、品質、保証、等

様々な視点から検討をされると思いますが、忘れてはならないのが

キュービクルとの連系です。キュービクルメーカーは基本、定格出力に合わせた設計を行います。

そのため、パワコンの容量と定格出力の数値に差が生じている場合は

キュービクルの価格に数百万円もの差が生じてしまう場合もあります。

システム全体のコストダウンを図るには各製品との連系を考えなくてはなりません。

更に各メーカー同士の連系実績が豊富である方が設計がスムーズに行え、

納期の短縮につながります。

 

プロインゾでは国内外での豊富な経験を踏まえ、コスト削減のお手伝いができるご提案を致しております。

ご調達でのお悩み、ご相談はお気軽にプロインゾまで

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です