【日本】膨らみすぎた太陽光市場

ここ8年間で初めて太陽光パネルの出荷は減少に転じ、
政府の政策によって推進されてきた日本の太陽光への投資ブームは不況の兆しを見せており、
改善の兆候は見られない。と海外メディアが報じでいる。
同誌詳細記事は下記の通りである。

FITは2012年度に再生可能エネルギー投資へのインセンティブとして開始されて以来、毎年価格が下がっている。

FITは非常に良く機能し、発電容量の過剰供給を助長した。

現在、パネルメーカーは需要を復活させる方法を見つけ出せていない。

関電工は8月以来、まだ着工されていない太陽光プロジェクトを売り切りたいという内容の、多くの問い合わせを受けていると述べた。

同社は、三菱総合研究所と共に、これを設置予定の大規模発電所をターゲットとした、新たなビジネスにする計画を発表した。銀行、施工業者はこれに注目している。

メガソーラープロジェクトのおよそ80%はいまだ着工されていない。

これは不手際な計画によるものである。

関電工と三菱総合研究所は、太陽光プロジェクトの収益を推定するシステムを開発した。

これはパートナーが潜在的な買い手の見当をつけることを助けるためのものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です