【ハワイ】太陽光発電領域の雇用者数は急落

小売割合でのネットメータリングの終了と、
州最大の発電事業者にて人気のあるsuccessorプログラムの容量制限に至ったことにより雇用は損害を被っており、ハワイの太陽光産業は苦難に陥っているように見える。

ハワイの太陽光協会(HSEA)によれば、ハワイには24以上もの稼働している太陽光発電業者がおり、
そのほぼ全てが昨年の低下した報酬率により、人員を削減した。太陽光業界は450の職を失い、現在の雇用数は600を若干上回る程度である。
ハワイアンエレクトリックでは、現在全エリアで送電網供給プログラムの上限に達しており、
これは、新たな顧客が最早過剰電力を電力会社へ売ることができないことを意味している。
人気の劣る自己供給プログラムは残っているものの、比較するとこれを選ぶ顧客は多くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です