【イスラエル】太陽光1,000MWのオークションを実施

イスラエルでは2年間の太陽光発電開発の停滞の後、公益事業庁は1,000MW以上のオークションを行うことを発表した。

2020年までに国の電力供給の内の10%を再生可能エネルギーにするという目標を達成することを目指す。

イスラエルでは初めて、太陽光デベロッパーはFITの入札をすることになる。これにより透明性、効率性は促進され、発電コストは最小化されるだろう。PUAは、少なくとも6回の重要なオークションを低圧、高圧、特高に対して行う見込み。

落札者は、国中の異なるエリアで太陽光発電施設を設置し、割り当て分を具体的にすることを求められる。低圧、高圧の発電所は18ヵ月以内、特高の発電所は36ヵ月以内に完工されることが必要とされる。

プロジェクトは商業運転の前にマイルストーンを結びつけることなしで、また、条件付きライセンスを入手することなしで建設されるかもしれない。しかし、入札者は提案段階でKW当たり$20、権利獲得段階で$70の保証を提供する必要があり、特高プロジェクトのネットワークの実現可能性の研究に協力する必要がある。入札手続きは、2017年1月頃スタートし1年以上続く見込み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です