【台湾】2018年までに1.5GWの太陽光発電所設置を目標

台湾の経済部エネルギー局は、2年間の再生可能エネルギー開発プランを発表し、
2018年までに1.525GWの太陽光発電所を設置することを目標にすることに言及した。
目標とされている1.525GWの発電能力の内訳は、910MWの屋根上、610MWの野立て、となる見込みである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です