【アメリカ】2016年 メガソーラーの発電能力、13.3GW増加の見込み

アメリカエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)は、大規模太陽光発電所の発電能力が、
2016年と2017年合わせて約13.3GW上昇すると見込んでいる。
この計画された発電量の増加により、2017年末には太陽光発電力量は26.8GWとなるだろう。
これは、2015年末の13.5GWという発電量のほぼ2倍である。
大規模太陽光発電所の追加で先導を取っている州は、カリフォルニア、ネバダ、ノースカロライナ、
テキサス、そしてジョージアである。
大規模太陽光発電所の発電量は、2017年のアメリカの全発電量の、平均して1%となる見込み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です