【イギリス】2016年6月に28MWのソーラーシステムを導入

UKエネルギー・気候変動省は、UKが2016年6月に28MWの太陽光発電システムを導入したと発表した。

これは2016年5月の99MW、2015年6月の127MWからは規模が小さくなっている。

2016年6月末より、一時的に、UK太陽光発電システムの発電能力は、887,992発電所全体で10,478MWに達した。2015年6月から比較すると26%(2,183MW)増加している。

2016年5月、5MWより大規模の太陽光発電所全体の発電能力は51%で5,296MW、0~4kWの小規模発電所の発電能力は23%で2,439MWだった。また、2016年3月末、野立ての発電所の発電能力は51%で4,999MWだった。

過去12ヵ月の間で最も大きな発電能力の増加は2016年3月に起こり、増加量は741MWだった。これは再生可能エネルギー義務が50kw以上5MW未満の発電所に制限されるすぐ前であると同時に、猶予期間の5MWより大きい発電所の再生可能エネルギー義務の最終的な終了の前でもあった。この月に見られた発電能力の増加の中で、5MWより大きい発電所の設置は66%(491MW)であった。