太陽光システムの蓄電池、2026年に80億ドル市場

ラックス・リサーチによると、太陽光が目覚ましい成長には蓄電池が必要不可欠であり、分散型蓄電池システムは2026年に80億ドルに値するとしている。太陽光発電にとって蓄電池システムは、天候が悪く発電しない日や日没後のような悪条件加下での電力欠如の限界に打ち勝つために必要不可欠である。

蓄電池は2026年までに年間25GW分散型太陽光市場を増加させるだろう。蓄電システムの追加が費用を増加させるため、市場では採算が合わないとの声も多かったが、導入された太陽光システムの費用が2015年のワット時3.83ドルから2035年にはワット時1.87ドルまで減少するにつれて、2023年には魅力的な経済事例が浮かび上がるだろう。

 

太陽光市場の成長維持の為に蓄電池が分散型太陽光に与える影響に関する研究は以下を示している。

・太陽光と蓄電池の相互関係が現れ始める。

StemとSunPower、Green Charge NetworksとSunEdison、SonnenとSungevity間の相互関係が産業の将来を明らかにしている。First Solarでさえ電力網における蓄電池の統合企業であるYounicosに対して5000万ドルの出資に加わった。

 

・ソフトウェアが重要な差別化要因。

SolarCityやその他の企業は、蓄電システムを一本化することを助ける需要管理ソフトウェアを提供している。Sunvergeのシステムはスマートデバイスと電気自動車に接続でき、一方でSonnenbatterieのソフトウェアは太陽光消費と蓄電を最適化するために気象データを分析できる。

 

・政策支援が大きな影響を与える

政策支援の結果、ドイツは2013年から12,000の太陽光と充電システムを導入し、最近の成長率は35%である。日本は1kW以上のリチウムイオン充電システムの導入費用の3分の2を補うため補助金プログラムに着手し、一方でカリフォルニアはワット時1.46ドルの奨励金を提供し、2020年までに1.3GWの貯蔵を導入するための設備を要求している。