自家発電エネルギーソリューションは30億ドルのマーケットチャンス!

世界銀行グループとブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)によるレポート「自家発電エネルギー傾向」によるとグローバル・オフグリッド照明協会(GOGLA)と協力して、送電網への接続がない9千9百万世帯に対し、改良されたエネルギーの接続を供給することで、2020年までに新興市場で自家発電製品の売上が31億ドルに到達する見込みである。

手頃な価格の現代の太陽光エネルギー供給を通して、何百万もの人々の生活を変化させる画期的な技術進歩と革新的ビジネスモデルについてレポートは追っている。レポートによると、自家発電の太陽光産業は好景気にあり、従量課金のビジネスモデルに主要な焦点を置き莫大なファンドを約束する開発パートナーと投資家達の高まりつつある波だとしている。産業への2015年の年間投資が2012年から15倍増加の276億ドルに上昇していることがわかる。また自家発電の太陽光発電製品を使用することで、アフリカとアジアの8千9百万人が改良されたエネルギーへの接続をすでに受け取っていると指摘している。

 

重要なポイント

・12億人が送電網に接続されていない

・年間270億ドルが照明と携帯電話の充電技術に費やされる

・アフリカとアジアの8千9百万人が自家発電の太陽光製品を使用して改良されたエネルギーに接続

・2億7千6百万ドルが2015年に自家発電の太陽光産業へ投資され、2012年から15倍増加

・2020年までに自家発電の太陽光産業へ31億ドルの市場機会があり、9千9百万世帯へ供給される