【イギリス、ドイツ、フランス】2015年ヨーロッパ太陽光導入の75%を占める

2015年度、ヨーロッパでは8GWの太陽光エネルギーの接続により、太陽光は15%成長した。

接続された国際的な太陽光は2015年に25%増加し、2014年の40.2GWから推定50.1GWまで増加した。

2015年のヨーロッパの太陽光発電需要の基盤は主にイギリス、ドイツ、フランスの3か国から成り立っている。

これら3つの市場はその接続の75%を占め、5.3GWに相当する。2014年も3か国の割合は75%であったが、6GW相当であった。

2年連続して、イギリスが推定3.7GWで首位であった。

 

導入された容量が100GWのヨーロッパはいまだに最も太陽光発電が盛んな大陸である。平均でも電力消費の4%近くで、ドイツ、ギリシャ、イタリアのような最も成熟した市場では約8%と、ヨーロッパほど高い太陽光の割合を持つ地域は他にはない。地球規模で見れば、新しい太陽光発電の容量は2015年に50GW追加し、25%まで増加した。世界で推定228GWの太陽光発電が現在導入され、2014年の178GWから上昇している。