ダム人造湖に太陽光パネルの設置計画、ブラジル

【3月15日 AFP】南米アマゾン(Amazon)の熱帯雨林を利用して20年前に作られたものの、現在はほんのわずかの電力しか生産していない水力発電ダムが、浮遊式太陽光パネルの理想的な設置場所としてエンジニアらの注目を集めている。

 アマゾン川流域のブラジル・マナウス(Manaus)の北約200キロの赤道付近に位置するバルビナダム(Balbina Dam)は、環境を破壊しているとして激しく非難されてきた。

 熱帯雨林の中に広がる約2400平方キロメートルの巨大な人造湖は、1964~1985年の軍事政権時代に建設が命じられ、巨額の資金が費やされた。約10年間の建設工事の末、1989年にバルビナ水力発電所が操業を開始。最大出力250メガワットだが、現在の発電量はそのわずか5分の1にとどまっている。

 浮遊式太陽光パネルは、特に新しいものではないが、それを水力発電所の人造湖で利用することは画期的だ。

 このハイブリッドシステムでは、十分に活用されていない既存の送電設備を利用できるほか、新たに土地を購入したり没収したりすることなく、パネルの設置場所として平らな水面を利用できる。

 バルビナの実験プロジェクトでは、サッカー場5面分に相当する5万平方メートルに太陽光パネルを設置し、2017年までの完成を見込む。発電能力は5メガワットで、約9000世帯に電力を供給するのに十分な量だという。

 エンジニアらは、発電量を300メガワットまで増やし、54万世帯分の電力生産を実現することに意欲を示している。

(転用元:(c)AFP/Eugenia LOGIURATTO)

太陽光×風力等、自然と共存するエネルギー社会に境界線はない。素敵な試みですね。