釘が刺さっても安心! リチウム硫黄バッテリー2016年販売開始

太陽光発電の分野においてグローバル製品の卸販売、EPM(Engineering,Procurement,Management)

サービスによる、発電所のコンサルティングを展開するPROINSOJapan

(日本法人名:ソーラー・フォー・ジャパン株式会社)は次世代技術蓄電池、OXIS社製リチウム硫黄

バッテリーを2016年に販売を開始致します。

OXIS-HP製品情報

OXISはイギリスで2005年以来、充電式リチウム硫黄技術を研究し続け、現在までに58種類の特許を取得、更に47種類を申請中です。

現在主流となっているリチウムイオン蓄電池と比べ、5倍の2700Wh/kgでエネルギーを保存できるため、5/1サイズの軽量化を実現しました。また従来の蓄電池は安全性の問題から室内設置が不可能でしたが、本製品は室内設置が可能な上、使用される硫黄は100%リサイクルの安全性に優れたエコな製品です。

この技術開発は蓄電池だけではなく、電気自動車や防衛システム等様々な用途に合わせた開発が進められております。

本業界においては、住宅用蓄電池の需要はもちろん、送電線の受け入れ制限による出力制御問題を回避するために産業用蓄電池の需要は今後必至となることを踏まえ、本製品を販売することに致しました。

価格は未定ながら、2020年までには住宅用・産業用において、リチウムイオン電池、鉛蓄電池に並ぶ導入台数を目標に掲げております。

今後はパワーコンディショナメーカーとの開発連携を図りながら、太陽光業界の活性化を目指してまいります。

mitsumoribtn