ceoMessage

地球は私たちの未来

私たちの生活は、日々大量のエネルギーを消費し、結果として地球温暖化問題が発生しております。エネルギー消費量が飛躍的に増大して行く世の中、今までのように化石燃料や原子力発電に依存したままでは原子力廃棄物問題、重大事故への恐怖、エネルギーコストの高騰、資源をめぐる国同士の争い、資源の枯渇、そして地球温暖化の進行といった問題が、我々の未来・子供達の世代に暗い影を残します。

 

今世紀のキーワードの一つが「環境」であることは間違いありません。21世紀の住まいは、地球にやさしく、人にやさしい生活が求められています。 その環境問題対策としての再生可能エネルギーの普及や活用において、残念ながら日本は先進国ではありません。この分野においてまだまだ発展途上の地をたどっています。

 

自然エネルギー

2011年の震災以降、電力供給事業の変わり目にある日本において自然エネルギーはかかせない存在になりました。資源には貧しい我が日本ですが、日照に恵まれた素晴らしい緯度に位置しています。この恵まれた特性を最大限に生かした太陽光発電こそが、現在の日本にとって最も適した自然エネルギーの形です。

 

太陽の光エネルギーで電気をつくることができる太陽光発電は誰もが簡単に参加できる、環境にやさしく家計にやさしい新エネルギー。 エネルギー開発の先進国ヨーロッパをはじめとする世界各国のエネルギー対策に遅れをとらないよう、日本においても太陽光発電事業を普及・推進させていく必要が今あります。日本が世界をリードする信念を持って取り組むことが大切なのです。

 

日本の空へ太陽光発電を

海外から比べても日本での太陽光発電はまだまだ導入コストが高いことも課題です。導入価格が安くなることにより一般市民にとってより身近な存在になれば海外のように自給自足用途の太陽光発電が実現できます。

 

私たちは日本の太陽光発電業界のお手伝いがしたい。志を共有出来る方々とチームを組み、一つ一つ目の前の出来ることから積極的に進めていきたいと思っています。日本法人名 「ソーラー・フォー・ジャパン」という社名は、我々が愛する日本に対し、太陽光発電を通して社会貢献をすべく、日本国民にとって太陽光発電が身近な存在になるようなお手伝いをする。そして地域密着型を目指し、電力の自給自足を目指す、という願いを込めています。

 

全ての人々にとって太陽光発電がより身近な存在になりますように。 クリーンエネルギーの普及によって子供たちの大切な未来を守るために。日本の空へ太陽光発電を。

 

自然と共存するエネルギーを明日の私達へ。 Let’s Solar for Japan.