日本の今後の電力事情について想うこと

日本の電力事情はまさに転機(天気!)を迎えている。

我々日本人は自然からの恵みをエネルギーに変えられているのだろうか?

住まいをより緑化・エコ化して、暖かい太陽からのエネルギーを貯蓄するまで有効活用できているだろうか?

 

暖かい太陽光の恵みと蓄電池という近代テクノロジーのおかげで、

我々は電力の自給自足生活に今まさに近づいている。

電力会社から請求される価格をただ受け入れるだけではなく、

自分たちで電気代をコントロールできるようになる時代がすぐ目の前に準備されている。

そしてそれは国民一人一人が再生可能エネルギーに強い関心を持ち、深い理解を示すことで実現される。

 

The grid we know it is changing forever.

 

東北震災での原発事故により、日本は電力不足に陥り、急激に再生可能エネルギーの需要が増えた。

そこで日本は素晴らしい政策を打ち出した。

再生可能エネルギーを増やす為の、高い固定買取価格の設定と

民間企業の資金を活用するための減税政策。

この政策により日本はほんの数年で世界導入量が2位〜3位まで上がった。

この国土の小さな日本にとっては本当に素晴らしい結果であり、誇らしく褒め合うべきことである。

しかし、この固定買取制度を支える為に今後我々消費者の電気代はどんどん高騰して行くことは明白で、

避けることのできない大きな代償を支払うこととなる。

 

しかし一方では、世界における太陽光先進国の動向からみると、

住宅用太陽光発電設備費が下がることもまた明白であり、

それに伴い住宅用の太陽光発電を導入する人が増えて行く。

そのモデルケースとして海外の先進国から良いも悪いも学び、

日本らしいもっと優れた住宅用スキームを構築していく必要がある。

そうすれば日本既築住宅100GWの眠った市場を再び活性化させ、

各家庭における電力の自給自足が実現されると私は考える。

 

蓄電池が一般的に普及すれば夜間でも昼間発電した電気を使うことができ電力の自給自足が可能になる。

太陽光発電業界においては大きな一歩である。

蓄電池は技術的には可能だが、まだ生産量が追いついておらず、市場価格も高過ぎて合理的ではない。

しかしこの問題はあと2、3年で解決するとみられ、それは時間の問題だ。

 

今までの日本での太陽光ビジネスは儲かる会社が偏り過ぎていた。

しかしこれからは淘汰され、変わっていくであろう。もっと地域密着型へと変えていく。

 

海外は日本の半額で全く同じシステムが導入されている。

これは海外の市場が安すぎるのではなく、これがグローバルスタンダードなのだ!

じゃあ今までの日本での市場価格はなんだったんだ?!と憤然する声が聞こえてきそうである。

しかしそれも当然の事であり、皆で怒って、アイデアを出し合い、行動に繋げるべきだと、私は思う。

 

海外で出来ているのだから当たり前に日本でも出来るはず。賢く清い日本人に出来ないわけがない。

それには正しい知識、国民の強い関心と理解が必要不可欠である。

 

僕は絶えず訴えて行きたい。

 

僕の育ったオーストラリアでは25-30%の住宅に太陽光発電が付いている。国内の強い関心と理解、可能にさせる仕組みが構築されているからだ。日本でも絶対にできる。共に突き進もう。

Let’s Solar for Japan.