業界情報」カテゴリーアーカイブ

【11/13~11/17 海外ニュースダイジェスト】

<中国、再生可能エネルギー導入目標を見直し>

中国国立再生可能エネルギーセンター(CNREC)が詳述した“中国再生可能エネルギーアウトルック2017”は、2020年までに500GWの再生可能エネルギーを導入するという目標を達成するために、中国国家エネルギー局(NEA)へ以下の様に導入量の変更を提案した。

・目標について:第13次5カ年計画での2020年の再生可能エネルギーの導入目標は最小の想定になっている。開発はこの目標を超えるはずである。

・太陽光:110GW→200GW

・風力:210GW→350GW

・バイオマス:15GW→30GW

 

<SMAは第三四半期の決算を発表>

SMAは2017年1月~9月間の決算を発表した。

・5.9GWのパワコンを販売(2016年同時期5.7GW)

・売り上げ約5.9億ユーロ(2016年同時期約7億ユーロ)

・自己資本比率49.3%(2016年12月31日時48.3%)

 

<JinKOは単結晶Percセルのプロトタイプで23.45%の変換効率を達成>

JinKOは単結晶Percセルのプロトタイプで23.45%の変換効率を達成したと発表した。この記録は、中国科学院の太陽光・風力システムクオリティテストセンターにより認証された。これまでの記録は22.78%であった。

 

<太陽光産業は2021年までにヨーロッパで94,000の新たな雇用を生む見込み>

新たなEYレポートによれば、ヨーロッパでの太陽光関連の雇用は増加し、2021年までにフルタイムジョブに携わる人数は約175,000人となり、95億ユーロのGVAがもたらされる見込みである。

【オーストラリア】P2P太陽光エネルギー市場 2600万ドル調達

ブロックチェーン技術を使用し太陽光の余剰電力を売買することを可能にする

P2Pエネルギー市場の開発を行っているPower Ledger社は、ICOにより

2640万ドルを調達した。 続きを読む «【オーストラリア】P2P太陽光エネルギー市場 2600万ドル調達»

電力会社ごとの出力抑制について

2015年1月に改正された再エネ特措法によって、改正出力抑制のルールが変更となり、

各電力会社の管轄エリアではその対応に追われています。

この「出力抑制」とはいったいどのような制度なのでしょうか?

また、各電力会社ではどのような出力抑制のルールが適用されているのでしょうか?

続きを読む «電力会社ごとの出力抑制について»

【サウジアラビア】初のユーティリティ規模300MWプロジェクト 入札集まる

サウジアラビアで計画されている300MWの太陽光発電所へ、均等化発電原価$0.0178/kWhという入札がなされた。このサカーカプロジェクトは、サウジアラビア初のユーティリティ規模の太陽光発電所であり、また、National Renewable Energy Program(NREP)が手掛けた最初のプロジェクトでもある。 続きを読む «【サウジアラビア】初のユーティリティ規模300MWプロジェクト 入札集まる»

【イタリア】2017年上半期234MWの太陽光を導入

イタリアの再生可能エネルギー協会Anie Rinnovabiliの発表によれば、2017年上半期イタリアは233.6MWの新たな太陽光システムを導入した。これは2016年上半期の201MWから16%、2015年上半期の134MWからは74%増加している。

続きを読む «【イタリア】2017年上半期234MWの太陽光を導入»

【シェフィールド大学の研修者ら、ペロブスカイトソーラーセルの有用性を発表】

シェフィールド大学で行われた新たな研究は、地球環境課題への取り組みに対してペロブスカイトソーラーセル(PSCs)は大変革をもたらす可能性があることを裏付けた。研究者らのチームはPSCsと既存の技術について、素材の試験、加工の難しさ、コストなども含めて比較を行った。 続きを読む «【シェフィールド大学の研修者ら、ペロブスカイトソーラーセルの有用性を発表】»

【ブラジル】2017年7月太陽光発電設備容量は237MWに

政府の発表によると、2017年7月、ブラジルの太陽光発電設備容量は237MWに到達した。昨年比では930.5%と大きな飛躍となった。風力は10,712MWに達した。分散型電源を除けば、ブラジルは7,865MWの新たな発電容量をエネルギーミックスに追加したこととなる。追加量としては水力の5,118MWが最大で、風力の1,679MWが続く。

【中国】2017年Q3、多結晶シリコンの供給15~20%減

Digitimesによれば、生産工場で定期点検を行っている幾つかの多結晶シリコンメーカーでは月次の生産量がトータルで5,000トン以上減少しており、また、主要サプライヤーもまた、品質についての問題から生産量を減らすことを余儀なくされている。 続きを読む «【中国】2017年Q3、多結晶シリコンの供給15~20%減»